社員にも企業にもメリットがある!選択制DC(選択制確定拠出年金)とは?

選択制DCの仕組みについて

給与の中から、確定拠出年金の選択枠を設定します。(上図では「生涯設計手当」という名称にしています)

加入者は「選択枠」から、自分の好きな積立金額(DCに拠出する金額)を選択します。

積立金額は0円も選択できます。

選択制DCの積立金額は、所得税・住民税・社会保険料の算定の対象とならないので、所得税・住民税の節税効果と、社会保険料の減少による負担軽減効果が見込めます。

DC専用口座に貯めれば、税金&社会保険料がかからない

東京都40歳給与30万円の場合、毎月20,000円を拠出することで、掛金に対する所得税・住民税の非課税効果と、社会保険料の等級変更に伴う社会保険料の削減効果で、月約4235円の負担軽減効果が得られます。

当資料はイメージです。税金の計算は簡易的に行なっています。当資料は選択制DCのイメージを分かりやすく伝えることを目的とする為、税率は6%と表記。所得税、住民税の計算は、各人の状況によって異なります。厳密な試算は税理士にご相談ください。

加入者1人あたりの社会保険料削減効果

東京都40歳給与30万円の場合、20,000円拠出すると、標準報酬月額が28万円に下がり、企業の社会保険料負担は1人あたり年間36,420円下がります。
35,000円拠出すると、標準報酬月額が26万円に下がり、企業の社会保険料負担は1人あたり年間72,660円下がります。

加入者人数別の社会保険料削減効果(概算)

当制度は社会保険料の削減を目的とした制度ではなく、あくまで社員の皆様が当制度を理解し、加入・拠出が増えた場合の副次的な効果とお考えください。

社会保険料の削減だけでなく抑制効果も期待できる

選択制DCは社長1人でも加入可能!社保削減&節税が可能!

選択制DCは社長1名から導入できます。社長が加入する場合、役員報酬の中から拠出する方法(Aタイプ)と、役員報酬の外掛けで拠出する方法(Bタイプ)があります。

東京都40歳以上、一般の事業、役員報酬60万円、全額役員報酬の中からDCで積み立てた場合

選択制DCは社会保険料の削減が目的の制度ではありません!

ここまで選択制DCの仕組みと、社会保険料削減効果について説明してきましたが、選択制DCは社会保険料の削減が主な目的ではありません。

優秀な人材の採用・離職の防止・社員のモチベーションアップにつながり、会社にも社員にもメリットが大きい福利厚生制度です。

人材の採用力の強化につながる!

特に若年層は福利厚生を重視する傾向が高まっている

社員をめぐるお金の環境は厳しさを増している!

企業型確定拠出年金(DC)の導入件数は右肩上がりで増えている

選択制DCは企業・従業員の双方にメリットがある

制度導入前によくある不安な声の例

DCの専門家集団:DC教育協会が御社の導入をサポートします

DC教育協会認定DCスペシャリストについて

<経歴>

大手証券会社で9年資、産運用のコンサルティング。

三重・神戸の支店で勤務。新人賞はじめ 社長賞等 9回受賞。

2015年より、IFAとして独立。少額のつみたてNISAから富裕層の資産運用アドバイスまで幅広い層の顧客をサポート

目指していること≫資産運用で、喜ぶ人を増やす

日本に長期分散積立投資を広め、運用をサポートする

 

DC教育協会の役割について

確定拠出年金法 / 確定拠出年金法施行令/確定拠出年金法施行規則 / 厚生労働省発出通知

DC教育協会は、運営管理機関と提携して、DC導入企業をトータルサポートします。

選択制DCの成功する(失敗しない)導入の方法について

資料請求はこちら!無料で費用対効果の試算も行いますので、お気軽にお問い合わせください!